才能とは努力を継続できる情熱

from2009
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
Twitter
星の評価
星5つ:手元に置いて何度も見たい
星4つ:面白い
星3つ:まあまあ
星2つ:つまらん
星1つ:これはひどい・途中で放棄
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
映画「孤狼の血」
映画「孤狼の血」
☆☆☆☆★星4つ(5点満点中)

昭和63年、広島の暴力団「加古村組」と「尾谷組」がにらみ合っていた。
ある日、加古村組の関連企業の社員が行方不明になり、ベテラン刑事の
大上と、新米刑事の日岡がバディとなり捜査に乗り出す。

柚月裕子の小説を映画化したもの。監督は『凶悪』などの白石和彌。
主演は役所広司、ほか松坂桃李、江口洋介、真木よう子など。

任侠映画は最近だと、北野武の「アウトレイジ」を観たくらいかな。
あれとはまた違ってよかった。ギュッと内容が凝縮していて見応えがあった。
昭和の話だけど俳優陣が今っぽいので、平成風に仕上がっている。

大上の行き過ぎる捜査に新米刑事の日岡は眉をひそめるが、行動を共にする
うちに、大上の純粋な市民を守る気持ちに気づいていく。

セリフにもあったが、道化師になってバカを装うことで暴力団を手なずけて
飼い殺しにすることを日岡に伝えていく。これもセリフであったが、綱に
乗ってしまった以上、暴力団と警察のバランスをとって渡っていくしかないのだと。

また、真木よう子・阿部純子2人の女性の過去が大上に関わっているのも
大上の優しさを感じさせてくれる良いエピソードだった。

大上の捜査を引き継ぎ収束させた日岡。彼の成長譚でもあるのだな。
松坂桃李演じる日岡が目つきが変わっていくのが印象的だった。
「孤狼の血」というタイトルが最後になって分かった。
スポンサーサイト
- | 17:19 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://from2009.jugem.jp/trackback/795
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.