才能とは努力を継続できる情熱

from2009
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
Twitter
星の評価
星5つ:手元に置いて何度も見たい
星4つ:面白い
星3つ:まあまあ
星2つ:つまらん
星1つ:これはひどい・途中で放棄
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
☆☆☆★★星3つ(5点満点中)

銀河で一番のパイロットになるという夢のためハン・ソロは宇宙に飛び出す。
やがてチューバッカという相棒を得て、壮大な冒険に身を投じる。

スター・ウォーズシリーズの中で一番評価が低いというアメリカの情報が
あったけど、まあそんなに悪くはなかったかな。

ディズニー配給になってからのスター・ウォーズはアトラクションのような
動きのある映像が多くなった。そのぶん、ストーリーが大雑把になった。

それでも、ハン・ソロがいつも身に着けていたお守りだったり、チューバッカ
との出会いとか、「ケッセルを13パーセクで飛んだ」という伝説が本当だった
という話とか、あの銃が誰からもらったのかとか、ハン・ソロにまつわる
いろんな要素がたっぷり詰め込まれていてSWファンにはうれしい。

ハン・ソロのキャラクターって若い頃からまったく変わってないのね。笑
破天荒で、口から出まかせにいいかげんなことを言って相手を騙そうとする。
でもお茶目でかっこいいんだよね。

チューバッカがSWシリーズの中ではこの作品が一番目立ってた。けっこう
たくさん喋ってたな。何言ってるかわからないんだけど笑
ハン・ソロはチューバッカの話す言語をどこで覚えたんだろうな。

話としてはSWエピソード4の少し前ごろの設定で、帝国軍が支配する時代。
反乱軍がまだなくて、この作品の最後に反乱軍の原型になる部族が出てきて
エピソード4につながっていくんだなあ。

あとは女性の進出が目についた。アンドロイドの女性はSWで初めてかな?
反乱軍の原型になる部族の長も女性だった。男性スタッフの配慮だろうか。
幼なじみの美女キーラはあのあとどうなったんだろうな。
そういえばダークサイドには女性がいないね。
スポンサーサイト
- | 13:15 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://from2009.jugem.jp/trackback/803
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.