才能とは努力を継続できる情熱

from2009
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
Twitter
星の評価
星5つ:手元に置いて何度も見たい
星4つ:面白い
星3つ:まあまあ
星2つ:つまらん
星1つ:これはひどい・途中で放棄
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アントマン&ワスプ
アントマン&ワスプ
☆☆☆★★星3つ(5点満点中)

FBIにより自宅軟禁中のアントマンことスコットのところへ、アントマン
スーツの開発者のピム博士の娘、ワスプことホープがやって来る。

マーベルコミックの「アベンジャーズ」シリーズの1つ。
アベンジャーズの壮大さに対して、小さい世界ともいえる親子愛を描く。

アントマンの1.5cm〜20mくらいまでサイズを大小できるという特徴が
発展して、車やビルまで小さくできる技術ができて、それがうまく
ストーリーになっている。

アントマンもワスプも結局は敵を倒すためには格闘するしかないので
飛び道具的な能力が欲しかった。小さいものを敵に投げつけて大きく
させてぶつける技はあったけど。

世界を陥れるような強大な敵が相手というわけでなく、敵が私利私欲の
ために技術を盗もうとする子悪党なので敵としての魅力が弱い。

もう一人別の敵も出てくるのだが「マトリックス2」に出てきたツインズ
にそっくりな能力(体質)であまり面白みは感じられなかった。

個人的には、エヴァンジェリン・リリーとミシェル・ファイファー
という好きな女優が共演してるのがよかった。マイケル・ダグラスと
ローレンス・フィッシュバーンも好きだなあ。と出演者で楽しめた。
スポンサーサイト
- | 12:15 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://from2009.jugem.jp/trackback/817
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.